こんにちは {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}

ポイント {@ member.total_points @} pt

こんにちは {@ member.last_name @} {@ member.first_name @}

ポイント {@ member.total_points @} pt

閉じる

詳細検索

  1. TOP
  2. TOPICS一覧
  3. 伝統技法「有田焼」を時計で楽しむ

伝統技法「有田焼」を時計で楽しむ


約400年前に生まれ、格式ある工藝美を特徴とする有田窯業。長年伝統的な技法と構図を守り続けながら、積極的に新しい作風への取り組みに挑戦しています。

有田焼は、李参平によって、有田泉山で陶石が発見され、この陶石を使って日本で初めて作られた磁器が有田焼のはじまりと言われています。


陶磁器でクロックをくみ上げるという高い精度を求められる作品は、有田・池田窯の優れた職人技で実現。
外装塗装を担当した池田製陶は、200年の伝統を持つ伝平窯から分家独立し、六右衛門の銘を以て独自の道を進んできた格式ある窯元です。

PISTA


滑らかで美しい地肌に精緻なレリーフを施した有田焼の時計は、伝統を活かしながらモダンさを感じる逸品です。

美しい白磁

「PISTA-S1 ARITA 麻の葉柄」で表現される美しい白磁は、池田製陶の優れた職人技で実現。その透けるような白い磁肌と滑らかで上質な光沢感において、数ある有田焼窯業の中でも高い評価を受けています。お部屋のインテリアとしても馴染みやすく、品の良さを感じる逸品です。

白磁に映えるぼかし技法

「PISTA-S2 ARITA 七宝柄 / 麻の葉柄」で表現されるグラデーションは、「ふりかけ」と呼ばれるぼかしを施した染付技法です。顔料を霧吹き状にふりかける染付技法の1 つで、濃淡やグラデーションを表現することができます。鮮やかな色彩を合わせる事で、モダンなデザインに仕上げました。

模様に込められた想い

デザインのモチーフとなっている模様には、それぞれに特別な意味があります。大切な人へのプレゼントに最適な逸品です。

麻の葉

麻が丈夫でまっすぐに伸びることから、子供の成長を願った産着の紋様に用いる風習があったと言われています。

波のひとつひとつが扇形をしているため、末広がりに通じます。海は永遠に続いていることから繁栄の象徴といわれています。

七宝

丸い形は「円満」や「財産」を表し、無限につながる輪ということから子孫繁栄などの意味が込められた紋様です。

アマービレ


純白に一色で描かれた文様が、洗練された上品な印象を与えるアマービレシリーズ。

唐草模様

唐草文様は蔓(つる)草の茎や葉が絡み合って曲線を描く文様です。生命力が強く途切れることなく蔓をのばしていくことから「繁栄・長寿」などの意味がある縁起のいい文様です。

勿忘草

勿忘草の花言葉は「真実の愛(友情)」「私を忘れないで」。大切な方へのプレゼントに最適です。

リズムの70周年記念モデルとして香蘭社の伝統的な絵柄を採用した、香蘭社 有田焼の時計です。

江戸の元禄文化が花開いた330年前、初代深川栄左衛門が肥前有田で 『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めました。

その後明治初期、八代深川栄左衛門が当時の選りすぐった陶工や絵付師、陶商達を一つにまとめ結社を作り『香蘭社』が誕生します。

世界各国の万国博覧会で受賞し、明治29年には宮内庁御用達の栄を授かるなど、時代とともに進化した伝統美は、国内外で広く愛されています。

雲散らし

1876年のフィラデルフィア万博でグランプリを受賞した当時のデザインです。
千変万化流動する雲と鳥の組み合わせをイメージした風雅な文様です。
流れ過ぎゆく「今」を刻み続けるクロック。日々の人生を祝福する「時」の為の意匠を、暮らしのかたわらに。

瑠璃富士絵

古くから親しまれている富士絵を2013年の世界遺産を記念して書き下ろした作品です。
富士山頂の真っ白な雪が、金彩に浮かび上がる印象的なデザイン。
日本情緒あふれる桜で囲まれた香蘭社独特の美しい瑠璃色の時計です。